喜びも悲しみもお一人様一人で開業すると、良いことも悪いことも一人です。
当たり前なのですが、「たまに仲間がいるといいな」と思ってしまいます。

勝手ですね。

 

喜びも悲しみも一人で

 

「いいことがあったとき」は別に一人でも構いません。
でも、何だか喜んでいても空しい。

誰かと一緒に喜ぶと、喜びって倍増しますよね。

 

悲しみ、というほどのモノはありませんが、ちょっと悩んだときなどは誰かに相談したいなぁ、と思います。

一緒に考えたり悩んでくれる人がいると、心強く自分の考えも客観的に捉えることができます。

 

やっぱり仲間が欲しい?

 

では、やっぱり仲間が欲しいかと言われると、従業員を増やしていこう!
とまでは思えません。

従業員=仲間ではないからです。
やはり縦の関係になってしまうので、求めている関係性とは異なります。

基本一人で、時々仲間として団体で仕事できたらベストだなぁと。
そういう世界は、そう遠くない将来に実現するような気がします。

それぞれが得意分野を受け持って、横で繋がっていく。
士業はワンストップサービスを謳っている所が多いですが、私のイメージは少し違います。

士業同士ではなく、士業以外のお仕事をしている方と繋がっていくイメージです。

その方が仕事の幅も拡がるし、楽しそうです。

そのためには、税理士の仕事の枠を外す必要があります。
どうしても、この業界に長く居ると、勝手に枠にはまってしまいます。

だから、税理士が何の仕事をしているか、知らないような人に意見を聞くことも大切です。
ちょっとビックリするような意見も出てきますが、新鮮ですから。

その中で取捨選択していかないといけないですね。

「税理士とはこういうもの」
という枠を外していきたいです。

 

まとめ

 

人は勝手なもので、つい無いものねだりをしてしまいます。

人がいると、煩わしく感じたり。
人がいないと、寂しく感じたり。

いっぱい迷って頭を打って、何が必要で何が不必要なのか。
自分で考えて、選び取っていくのだと思います。

今その過程にいるのだなぁ、と。
まだまだ悩むだろうけれど、必要な過程だと思って、毎日一生懸命悩みながら前進したいと思います。

 

 

 

⇒ライツ税理士事務所のHP
 補助金・税務コラムなどはこちら
 http://www.reiz-cpta.com/

 

今日も最後までおつきあい頂き、ありがとうございました。
クリック頂けると、励みになります。

にほんブログ村

 

 

 

“喜びも悲しみもお一人様” への1件のコメント

コメントは締め切りました。